家には、TV録画したビデオ、ホームビデオ、子供の成長を記録
したビデオ、結婚式のビデオ、エロビデオなどのテープが
大量にありました。

捨てるのは嫌だし、でも場所は取るし、最近はもう再生できるハードもないし、
なんで思い切ってEasycapを使ってDVDにダビングすることにしたのです。

ところが・・
PC音痴な私は、一度、ドライバーのインストールにつまづいて
挫折してしまいました。

Easycapのバージョンにも色々あったり、付属のCD-ROMのドライバが
使えなかったり・・

後で知ったのですが、easycapは模倣品やコピー商品が多いので、その類
だったのかもしれません。

まあそのような経緯で、もう諦めようかとも思ってたんですが
先日、インターナル社からeasycapが販売され、詳細な画像付きの
使い方マニュアルが付属している、さらに回数無制限のメールサポートが
ある、とのことで、購入しました。




インターナル社のeasycapは、付属ソフトのムービートランスで
DVDへの書き込みもできるだけでなく、
ビデオの編集や、要らない部分のカットも出来るというので
丁度良かったです。


Easycapの使い方マニュアルと、メールサポートなどの分、
定価より少し高いですが、それでも安価には変わりないので
失敗のリスクを考えると、最初からここで購入すれば良かったと思います。


インターナル社のeasycapの詳細はこちら











easycapの使い方

| 未分類 |

easycapの使い方を説明します。

基本、手順は全然難しくありません。

ビデオデッキとパソコンにeasycapを接続します。

easycapの先端に、ビデオデッキのケーブル(元々TVと繋いでいたもの)
を接続しますので、パソコンとビデオデッキに距離があっても
全く問題ありません。

あとは付属ソフトをパソコンで起動して
ビデオを再生しながら、その映像をパソコンに取り込んでいきます。

唯一、迷う手順があるとすれば、この付属ソフトでパソコンに
ドライバをインストールする際の手順や、
ソフトの使い方です。


少し自信がない方は、少し高くてもサポートの充実している会社から
購入するのをお勧めします。
高いといっても1000~2000円程度なので、それで安心を買えるなら
個人的にはアリだと思います。

インターナル社のeasycapは、専任スタッフによる回数無制限の
メールサポートがついています。
私も実際に利用しましたが、丁寧なサポートを受けることができました。


なお、私は返品していないのでわかりませんが、
製品の問題により動作しない場合は、安心動作保障による返金制度もあるようです。


インターナル社のEasycapはこちらからどうぞ








アナログビデオはそのまま置いておくと
すぐに劣化しますし、場所も取るので、
easycapを使ってDVDにダビングしようと考えました。


DVDメディアにダビングしたほうが、スペースをとりませんし、
圧縮してDVD-R DLに書き込めば、3~4本のビデオテープを
DVD1枚に収められたらいいな、と思って。


ただ、圧縮してたくさんのビデオをDVDに書き込んだり、
iPhoneやスマホなどの端末に移す方法がよくわからなかったので
インターナル社のeasycapとムービートランスを選びました。


インターナルのeasycapとムービートランスは使い方も簡単で、
さらに「使い方マニュアル」も充実しています。

付属のムービートランスを使えば、劣化した画像の輪郭などを修正したり
、easycapで取り込んだ動画の圧縮や変換が簡単にできます。


単に安くeasycapを入手するだけなら、他からも買うことができますが、
メールサポートや保証の充実、マニュアルの整備などを考えると
インターナル社から購入したほうが安心だと思いますね。


使い方が簡単なインターナル社のeasycapはこちら!